治療が分からない矯正

矯正の治療について

歯並び

矯正中の歯の清掃について

矯正の装置を付けているときは、歯に食べ物が詰まったり、装置の周りに歯垢が溜まったりするため、虫歯になりやすいので、歯の清掃には気をつけなければいけません。矯正中の歯の清掃をする際に使う道具は、歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどがあります。歯ブラシを使う場合は、装置の周りや歯茎の際などを特に気をつけ、上と下2回に分けて清掃します。歯間ブラシはワイヤーの下や装置の周りを清掃します。フロスは歯の間に通して掃除をします。

矯正歯科に通い始めた後のケア

矯正歯科に通い始めることは、歯並びを綺麗に整えることを目的としている人がほとんどです。しかし、矯正し歯を動かすということは、器具を使って治していくが、その分器具を着けている間の歯に対するケアは今まで以上に難しくなってきます。そこで、しっかり自分の歯をケア出来れば矯正が終了後も虫歯のない綺麗な歯を維持できます。綺麗に保つためには、普通の歯ブラシだけでは難しく毛先の細い物や歯間ブラシ、フロスなどを使い分ける必要があるが、高いお金をかけて矯正歯科に通うのであれば自宅でのケアにも力を入れるべきなのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の通院の計画を立てる. All rights reserved.