歯科矯正での治療方法

歯科矯正の検査とは

歯並び

歯科矯正で使う目立たない装置

歯科矯正では、ワイヤーやブラケットなどの装置を使って矯正していきます。この装置は歯の表面に取り付けるのが一般的な形のため、治療をしていることが相手にバレてしまいます。仕事で人前に出る人にとっては、困ることも少なくありません。最近の歯科矯正の装置は、この点を気にせずに受けられる取り外し可能な透明のマウスピースもあります。食事の時には取り外すことが出来ますし、透明なので装着していると言われないと気づかないほどです。

腕と経験豊富な矯正歯科で治療

歯並びがいいと見た目がいいばかりではなく、食事を取る時の咀嚼率が上がるし、消化しやすくなるために健康のためにもいいです。しかしきれいな歯並びは健康保険では治療ができないので、自費治療となります。なので高額な治療費がかかるのが難点です。なので歯列矯正は腕と経験豊富な矯正歯科の先生に相談して、納得してから治療を始めるほうが安心できます。器具のメンテナンスで定期的に通わねばならないし、高額な治療費がかかるので相性のよい歯医者さんでの治療がお薦めです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の通院の計画を立てる. All rights reserved.