最近の歯科の主流とは

歯科を変えてみよう

歯並び

新しい歯科で最新の治療を

昔は虫歯になったら削る、大きな虫歯は型をとって金属をはめる、悪くなったら抜く、という治療が当たり前でした。しかし最近の歯科は削らない、抜かない治療が主流です。患者さんにとっても、削ったり、型をとったり、抜いたりするのは何回も通わなくてはいけないし、苦痛と痛みが伴います。ずっとかかりつけだからと馴染みの古いところに行くより、新しいところにいってみましょう。古い歯科は古い治療しかない可能性もあります。新しいところは、最新の治療をしてくれます。歯槽膿漏で歯がぐらついていても、歯茎の消毒や、歯垢除去や歯磨き剤、歯磨きのやり方によっては、改善することもあります。

歯はなるべく抜かないほうがいい

今と昔では歯科での歯の治療のやり方もちがっています。昔は虫歯は削って金属をつめ、それでもどうにもならなかったら神経を取ったり、歯を抜くのがごく一般的な治療方法でした。でも今は、なるべく抜かないような治療が主流になっているのです。歯を抜いてしまうと、歯茎がやせてしまったり、歯並びにも悪影響を与えてしまうので、できるだけ抜かない治療が今の歯科での治療になっているのです。ただ、そのためにも、患者側は、定期的に歯医者さんにいって、歯茎の状態や歯の状態を悪くしないようにする努力をしなければいけないのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の通院の計画を立てる. All rights reserved.