歯科治療の詰め物と保険

歯科の詰め物の種類

歯並び

歯科治療で使われる素材

歯科で歯を削る治療を終えた後は、その歯を保護するために詰め物をしなければなりません。実はこの詰め物に使う素材にはいくつか種類があり、その値段もさまざまなのです。現在一番安価でよく使われるのは、コンポジットレジンという歯科用の白いプラスチックです。保険も適応でき、およそ1000円程の手軽な値段で治療が出来ますが、長い年月の間に変色したり、強度の弱さのため欠けることもあります。反対に保険適応外のためおよそ70000円という高額になってしまいますが、セラミックを使った場合は半永久的に変色することはなく、強度にも非常に優れています。

素材と治療費のバランス

むし歯や歯周病などで歯の一部、もしくは全部を失った場所を補う詰め物や被せ物、義歯に至るまで機能は同じでも素材の違いによって審美性や耐久性の面で大きく異なっており、治療費も健康保険が適用されて数千円程度のものから自費診療で数十万円にもなる場合があります。歯科で使用する材料と値段を決める際のコツは費用対効果を検討することです。セラミックや貴金属などの高価な素材を使用することでどの程度長持ちしたり健康維持に寄与するのかや審美性などを長期的な視点で考慮するようにします。さらにセカンドオピニオンを活用することもできます。歯科用の材料の違いで病気が治った後の生活に良くも悪くも影響を及ぼすので、後で後悔することがないように短絡的に結論を出さないようにする必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の通院の計画を立てる. All rights reserved.