痛くないインプラント

インプラントの麻酔

歯並び

インプラントで歯の悩みを解決

歯を根元から失ってしまった場合、そのままでは食事をするのが難しいものです。入れ歯やブリッジを作るという方法もありますが、以前のような自分の歯で食べていた頃と同じ自然な感覚があるのがインプラントです。インプラントとは人工歯根のことを言い、あごの骨の中に歯を埋め込んでしまうという方法です。手術をして人工歯根が骨にしっかりと定着してしまえば、これから先はずっと快適に過ごすことができます。仕上がりも自然であり、他の人に気付かれることもありません。

インプラントの手順と期間

インプラントは一度の手術のみで完了するものではありません。様々な手順で、時間的間隔をおいて行われます。まず、1次手術として、歯茎を切開しあごの骨を削ってインプラントを埋め込みます。ここから、しっかりとくっつけるために、3カ月から6カ月ほどの間を空けます。その後、人工歯と連結させるための器具を連結させる手術を行い、ここから数週間おいて人工歯をくっつけて完了です。このように、かなり期間がかかるものですので、ゆとりをもって望みましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の通院の計画を立てる. All rights reserved.